fbpx

自分と折り合いを付ける方法

自分自身=ラスボス

私が開講するヒーラー養成講座のクラスでは、「自分自身=ラスボス」と教えています。

それくらい、攻略するのに、時間もパワーもかかる相手だ、ということです。

実際、私自身、ヒーラーとして目覚める以前、このモンスターに、度々打ちのめされてきました。

今でも、その名残りは時々現れてきます。

もっとも、今はもう巻き込まれることはなく、成長材料として活用しています。

自分との会話の質が、人生の質になる

さて、人は、自分の内側で、常に自分自身と会話をしています。

いま、「自分自身と会話?」って思いましたか?

だったら、それがその会話です。
 
 
実は、この会話の質が、人生の質になるのです!!

私自身を振り返ってみると、若い頃、とても厄介な会話をしていました。

例1)大学のときに付き合っていた彼女が、サークルで他の男と話しているのをみると、「俺がいるのに、何をやってんだ!ふざけんな!」って会話していました。

例2)就職して、職場の上司が仕事の進捗を聴いてくると、「お前より、よっぽど俺の方が優秀なんだぞ!」って会話していました。

ひどい会話ですよね。
 
 
いずれにしても、人間関係において、相手の言動を、どう解釈するか……これが人生の質であり、その原因が自分の内側の会話によるんですよ~!ということです。

繰り返しになりますが、私自身を振り返り見ると、本当にヤバい類の会話をしていました。コントロールされておらず、とても反応的です。

ネガティブな反応が起きる理由

では、どうして、このようなネガティブな反応が起きるのでしょうか?

この研究をする手前で、押さえておいて欲しいことが2つあります。

一つは、「だって、相手がそう言う風に言ってるじゃん」ではなくて、本当には、「あなたがそのように聴いている」という事実に気づいて欲しい点です。

これは、いわゆる相手原因説に立脚する考え方です。この立場に立ち続ける以上、あなたが人生の質をアップすることは不可能です。

もう一つは、反応が起きるステップと、それを表現(アウトプット)するステップの2段階があるということを認識しているか、という点です。

もっとも、相手に打ち明けることによって、互いのコミュニケーションが良好なものに変わることもありますので、この点は、使い方次第ではあります。

これらを押さえた上で、なおチャレンジして欲しいことがあります。

内側の会話を、ソフトにする

それは何かと言うと、自分自身の内側の会話を、ソフトにすることができれば、私たちの人生は劇的に質はアップしますよ、ということです。

ソフトの逆は、ハード。

ここで言うハードとは、概ねネガティブな反応をのことを言っています。

では、なぜ私たちの内側の言葉は、ネガティブな反応になってしまうのでしょうか?

実は答えは簡単で、人とはそんな風なんです。

じゃあ、どうしたらポジティブな反応……つまり、ソフトにシフトできるのでしょうか?

まず、スタート地点は、どのような反応であれ、それ自体を受け止める姿勢=承認することです(良い悪いではない)。

そして、その反応が、理想ではないのなら、何でそうなのか、原因を特定することが大切です。

答えをいうと、「源体験」が原因です。

源体験とは、人生における最初の体験のこと。
具体的には、幼少期の頃の家族との関係での失敗によって、傷付けられた体験です。
(※前世のカルマは、今回は扱いません。)

実は、この源体験は、愛からくるものだと理解できれば、我々は癒されます[結論]。

さて、癒されていない感情に残された源体験……これは、心理学上の「トラウマ」のこと。

トラウマをどう手放すには?

では、このトラウマをどう手放すのか?

実はここで、次の二択が出てきます。

セルフでするのか、それとも他者のサポートを受けるのか。

さらに、次の二択が出てきます。

それは、トラウマには必ず相手がいるけれども、その相手と改めてコミュニケーションするのか否か。

今回は、セルフでする、かつ相手とはコミュニケーションしないバージョンを解説します。

□過去の源体験を発見する(直近のネガティブな感情が湧いたことを探求して)

□当時、言って欲しかった言葉や取って欲しかった態度を明らかにします

□同時に、いまのあなたの知恵をもって、相手の人生やその言動を取らざるを得なかった背景・状況を理解して、それが本当だとしたら許せるかもしれない、に立脚します

□時間軸を巻き戻します

□当時の状況に入り込み、対話をやり直します(シミュレーション)。
 伝えることは、言って欲しかった言葉や取って欲しかった態度。
 および、「でもあなたもそうせざるを得なかったことを私は知っています。こうこうこういう事情だったんでしょう?」

□これに対し、YESをもらいます

□おそらくは、涙が流れて、トラウマが流れる

□現在に戻ってくる

なお、さらにGoodなことは、生きている相手と、実際に会話をすることです。

あなたもぜひ、やってみてください。

(心理学的には、インナーチャイルドという領域のことです)

今回のポイント:自分との折り合いは、過去を手放すことが最大の近道である。


3 STEP オンライン動画セミナーを、期間限定で無料で公開中!

ビギナーから、プロ治療家まで、ヒーリングエネルギーの活用法や、あなたの仕事・人生を加速発展させるインスピレーションを必ず得て頂けます!

詳しくは、クリックして詳細をご覧ください。

詳しくはこちらをクリック

自分自身の最新記事8件

>期間限定、無料受講可「3 STEP無料オンライン動画セミナー」

期間限定、無料受講可「3 STEP無料オンライン動画セミナー」

ビギナーから、プロ治療家まで! ヒーリングエネルギーの活用法や仕事・人生を加速発展させるインスピレーションが湧いてくる動画セミナーを、期間限定で無料公開中!

CTR IMG